自己破産のメリット|自己破産 法律事務所ガイド

自己破産のメリット

周囲に迷惑をかけたくない

一部の悪徳金融業者は自宅や家族、親戚に執拗な取立てをしてくる場合があります。
家族と同居の方は、取立てや自己破産の申し立ての際に家族の収入証明が必要となる場合もあるので、家族に知られてしまう場合もありますが、離れて暮らしている場合は知られずに済みます。
また、お子さんの将来について懸念される方もいますが、自己破産をしたという情報が住民票や戸籍に記載される事はないので、お子さんの将来については安心して下さい。
自己破産の申し立てをすることで、精神的な苦痛からは解放され、周囲の人たちに迷惑をかけずに済みます。
何より、借金を払わなくて良くなるということが一番のメリットかと思います。
自己破産をすることになったら、家族に知られてしまうのだろうか?周囲に噂されるのでは?など心配があると思います。
法律事務所で弁護士に相談することで、皆さんにとってベストな方法で自己破産を行ってくれます。

これからの生活は?

自己破産したら普通の生活は出来なくなってしまうのでは?と不安になるかと思います。
実際は、普通に生活は出来ます。
滞納によって、電気、ガス、水道が止められることがあっても、自己破産を理由に止められる事はありません。
賃貸住宅の場合、こちらも滞納さえして居なければ住み続ける事は出来ます。
マイホームはローンが払えなくなり大半の人が手放す事になりますが、ローンの残額によっては手放さなずに済む場合もあるので、法律事務所に相談しましょう。
仕事に関しては、一般企業であれば辞める必要はありません。
会社にばれて居ずらくなっても、自己破産したからといって解雇されません。
ですが、自己破産の申立てを裁判所にしている間に債権者から会社に連絡がいくことがあります。
そこからばれる可能性があり、給与の差押えなどがあれば当然、会社に知られてしまいます。
そういった不安を解消する為には、法律事務所に自己破産の依頼をすることをおすすめします。
法律事務所に行って弁護士に相談した場合は、直ちに法律事務所から全債権者に受任通知書を送ります。
その通知が届いた後は債務者本人に直接請求をすることは出来ませんので、会社にばれることもまずありません。


このページの先頭に戻る