自己破産のデメリット|自己破産 法律事務所ガイド

自己破産のデメリット

どんなデメリットがある?

まず、財産の処分です。
すべての財産が処分されるわけではありませんが、財産としては99万円を超える現金、20万円を超える預貯金、不動産や20万以上の価値のある車などが取られてしまいます。 次にブラックリストにのってしまうことです。
クレジットカードやローンなど各信用機関によって異なりますが、5年から10年は利用することが出来ません。
ブラックリストから名前が消えない限り、新たな借金はもちろん出来ませんが、大きな買い物をするのにも苦労すると思います。
さらに引越しをするにも長期の旅行をするにも、逐一裁判所に許可をもらいにいくことになります。
一般企業であれば辞める必要はありませんが、一定の職業や資格に制限があるのも事実です。
そういった核当職業に就いている場合は、もちろん仕事を新たに探さなくていけないため、大変は負担になると思います。
また、法律事務所に相談する事は勿論メリットはありますが、タダではありません。
法律事務所によりますが、報酬を支払わなくてはいけないということを忘れてはいけません。

最大のデメリット

自己破産の最大のデメリットは、「周囲に迷惑をかける」ということです。
家族がいる場合、家族全員の財産を失うことになるので、大切な家族が路頭に迷うことになります。
また、その借金に保証人が付いていた場合、その保証人には免除が成立しませず支払い義務が発生します。
つまり、破産者への取立ては法律で禁止となっていますが、連帯保証人への取立ては特に規制されていない為、必然的に保証人に取立てを行う事になります。 自己破産した場合、自己破産をした債務者が支払う必要がないというだけで借金そのものがなくなるわけではありません。
法律事務所に相談する際には、メリットだけでなくきちんとデメリットも確認しましょう。
自己破産は自分一人の問題ではないのです。


このページの先頭に戻る