自己破産後の生活|自己破産 法律事務所ガイド

自己破産後の生活

自己破産後に気をつけること

聞いたことのない様な金融会社から、「融資します」というダイレクトメールが、たくさん届くようになったという話を良く聞きます。
自己破産をすれば当然、金融機関から借りられなくなるというのが通例です。
ブラックリストに載っているはずだから当たり前なのですが、中には「審査済み」というサインも記載されているダイレクトメールが送られてきます。
中には、自らも「自己破産をした」といううたい文句で、人の弱みに付け込む様な内容のダイレクトメールもあります。
自己破産した後、決して裕福な生活ではない中で「すぐに30万振り込みます」と書かれたダイレクトメールが来れば心が揺れてしまうかもしれません.
ですが、だめです。
そこは悪徳金融業者です。
あなたの為に一生懸命になってくれた弁護士、家族、支えてくれた方々を裏切るのですか?
もし、誘惑に負けたら再び借金地獄に陥るのは目に見えています。
自己破産をしたことで多くの苦痛から開放され、新しい一歩を歩み尾始めたのです。
さまざまな誘惑があると思います。
生活が苦しいからと言って、再び借金をするようなことはあってはだめです。
「今だけ借りて、すぐ返そう」と再び借金を抱えることになっても、もう自己破産に逃げることは出来ません。
二度と苦しい思いをしない為にも法律事務所で確認をし、今後の生活についても相談するといいかもしれませんね。

生活の建て直しをしましょう

自己破産を申し立てた後の生活は、決して楽ではないはずです。
「お金がない」という事は、時には気持ちに余裕をなくしてしまうこともあると思います。
それでもきちんと生活を立て直した方も多く居ます。
「独身の時に自己破産した。いつか結婚した時に家も車の買えないの?」
そう心配になる方もいるかもしれません。
自己破産により迷惑をかけた金融機関や、信託銀行などは2度と融資を受けられないことが一般的です。
ですが、自己破産後の生活や収入、銀行との付き合いなどで再び融資を受けられたという話もあるようです。
だからと言って、自分に見合った借金を絶対だめです。
自己破産をするに当たり法律事務所に相談をした際、今後の資金繰りの仕方や生活の建て直しなど親身になって話を聞いてくれる弁護士もいます。
どんな些細な事でも、一人で苦しまずにまずは法律事務所に相談してみましょう。


このページの先頭に戻る